スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フェリーチェの乳がん日記2
告知

2006年夏、ヨーロッパ旅行を満喫して無事帰国したフェリーチェは、その後の人生計画を狂わす一大事が待っていようとは知る由もなく、7月18日軽い足取りで病院へ結果を聞きに行ったのであった。

ヒゲ先生:「フェリーチェさん、残念ですがこれは乳がんです。」
フェリ:「ガン」ガーン01 (癌だけに

そして電子カルテの画面にマウスでなにやら大きな○を書いているヒゲ先生。
診察室で、最初は平静を装って普通に話を聞いていたのだが、次第になぜか自分の意思に反して、涙や鼻水が出るわ出るわ涙

その後しばらくはヒゲ先生の顔を見ただけで目がウルウル涙があふれることに。

ヒゲ先生:「癌は8年くらい前からあったと思われるけれど、それがフェリーチェさんの場合
      はたくさんの種がいっぺんに育ったっていうか、ちょうどお花畑に蒔いた種
      が一斉に花咲いたように、ブワーッと大きくなって、直径6.5cmに
      なってます。リンパ転移もあります。」
フェリ:「えーっ!8年も前からしかも転移も!」

私は手首にガングリオンを持っている。それは12歳の時から身体にいるみたいで、時に
ひょっこり出てきて、神経を圧迫、痛くする。結婚してまもなく現れた時には、同僚に「子宮外妊娠?」って「んなわけないっしょ(笑)!」てな具合。

でもガングリオンはめったに現れないし、引っ込んだら悪さしないので放っといてもかまわないけど、今回はそういうわけにはいかないらしい。

ヒゲ先生:「フェリーチェさんの場合は大きいので、先に化学療法をしてから手術する
      事をお薦めします。次までに考えといてください。それと反対側も疑
      わしいので、明日マンモトームと骨シンチ検査を受けてください。」

フェリ:「.........はい。」がっくり

足取り重く病院を後にするフェリーチェであった

またつづく.....


コメント
8年だったのね。
私は10年って言われた。あはっ。(笑)
そんなん全然わからへんかったっちゅうねん!と後から思ったもんだわ~。人生って面白いよねぇ。
2008/06/16(Mon) 10:10 | URL | Keiko | 【編集
Keikoさん!
8~10年前のどんな事がきっかけだったのか知りたい感じ。
その時身体が変化し始めて人生の方向が曲がったって事よね。
日記はまだまだ続きますが良かったらおつきあいください。リアルタイムな記事が書けるようになるのはいつの事になるやら(;-_-+
2008/06/16(Mon) 10:58 | URL | フェリーチェ | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。