スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フェリーチェの乳がん日記4
叔父の死そして決断

2007年2月8日に化学療法が終わり、次は手術の事を決めなければいけない。

この頃、行事が目白押しだった。2月1日にはとても慕っていた叔父が亡くなり、お通夜とお葬式。2月末には卒業式、4月2日入学式とどれもカツラで出席した。

大腸癌での叔父の死はとても悲しく、気持ちが沈んだ。叔父は手術の後免疫療法を選び、抗癌剤を拒否した。私でも耐えたのにどうして......涙

「せめてフェリーチェの手術の日まで生きていてほしかった」という叔母の言葉に「そうやん!どうして!」と亡骸に問いかけても返事はなく空しさが残るだけ。

私にいつもやさしくアドバイスをしてくれた叔父。どうしてあんなに素晴しい人が逝ってしまって、私なんかが生きてるんだろう。この日記を書いてる今でも思い出し涙が出てくる。でもたとえ進行乳がんで10年生存率が60%でも私はこれからも生きていかなければならない。えーん

生きていくならQOLを高めるような方向で考えていこう。あれこれ思い悩んで同時再建することにした。

山先生に尋ねると、当時この病院では一年に3人位再建する人がいるそうな。(今は月に2人位)
***年にたった3人***

山先生:「きれいさを望むならナ○モ先生とこ紹介できるよ」

ってか!!そんなに悪い仕上がり??

叔母に相談したら、「豊胸が専門の美容形成外科医なんて医者にあって医者にあらず!そんな所でやってもらったら癌細胞が広がって命縮めるよ。やめときなさい!」 と、猛反対。プールにも行きたいし、この病院でインプラントで同時再建してもらおう、と決断して、形成外科を2月21日受診。

そしたら担当の先生はおめめがくりっくりの茶川一郎似。(チャメ先生と命名)←知ってるかなぁ?
後で聞いたらその先生は皮弁が専門とか。先に言ってよー!
ヒゲ先生とチャメ先生が途中でタッチ交代してくれるので私と3人の日取りが合う4月27日に手術と決まった。

チャメ先生:「今はシリコンパックが一般的でよくなってるよ。
      種類がお椀型とアナトミカル型があるけど、フェリーチェさんの
      場合サイズは一番小さいのでいけますね。」

フェリ:「はい..........」(失礼な!まあ事実だけど)

シリコンパックを個人輸入する会社を紹介してもらってお金を払いこんだが、小さいのでちょっと安かった。
アメリカMentar社からの輸入なので間に合うかなぁ?と心配したが、手術日前日チャメ先生とM先生が病室まで持ってきてくれた。

チャメ先生;「滅菌されてるので今ここで開けて見せることはできないけれど、
      この箱の中身がフェリーチェさんの今ある乳腺の後に入ります。」

フェリ;「10年くらいはもつって読んだんですけど、入れ替えが必要ですか?」

M先生;「何もなければ一生もちますよ」

やったー。大事にしよう。ショックで破れて中身が出るようなことがなければ大丈夫みたい。交通事故やなんかでかなりの強打しなければOK。

シリコンちゃん、明日からフェリーチェの仲間よ!ヨロシクね


まだまだ続くよ....
コメント
それで同時再建なのね~!
うんうん、何よりも自分の気持ちが大切よ~!
私はね、うちの病院では同時再建してくれないの。ま、乳腺外来はついでに見てるって感じだもの。ここで再建しようと思ったら、別の病院に紹介、らしいの。
で、私は取り合えずさっさと取って、取った状態がどんなものか経験してみて、じっくり再建するならするで考えようと思ったの。まずは、すぐに復帰して働くことが前提だったもの。

フェリちゃんは、大切なおじ様の死とかがあって、大変だったんだね。
でもきっと、今の元気なフェリちゃんを見て喜んでくれているわよ。
みんな、生も死も意味があると私は思う。命が尽きることは、新しい世界でワンステップ上がっていくということ、おじ様もワンステップ先の世界で、フェリちゃんのことを思ってくれてると思うわ。
2008/06/18(Wed) 20:19 | URL | Keiko | 【編集
Keikoさん!
取るだけでいいとか再建したいとかってそれぞれの考えがあるもんね。私の時は1回で済むならやってもらおうって考えた。Keikoちゃんはすぐに復帰したいって思ってたんだよね。叔父の事、私もそう思うよ。ありがとう^^
2008/06/18(Wed) 20:44 | URL | フェリーチェ | 【編集
暑いね~
毎日、毎日、暑いね。

フェリちゃんの「シリコンが小さいサイズ」に
笑ってしまいました。
私はさらに「極小サイズ」ですみそうよ。

私もkeikoさんと同じで、術後は
早く職場復帰したかった。
あと、どういう状況になるか、いったん確認してから
数年後に再建に臨もうと思い、
同時再建はやめたけど…。
でも、今は、同時再建しておけばよかったな~って
後悔してます。もうここまできちゃうと
また手術するの面倒臭くて(笑)。
健側の乳房が、経過観察中なので
両乳房を取ることになったら
その時に、両パイ再建しよっかな~と
考えとります。

叔父さんの事は残念でしたね。
でも、彼の免疫療法を選んだ気持ち、わかります。
私も次回の抗がん剤は拒否するかも。
2011/08/14(Sun) 06:57 | URL | 詩乃 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。